Ba10のブログ

8年引きこもり、無能すぎてまた引きこもりに戻りそうなニートのブログ

歩き鬱

就職前は誰でも死にたくなるという

図太い俺はそんなことはないだろうと高をくくっていたが

気付けば完全自殺マニュアルを眺めてる自分がいた

もちろん眠れない、わけではないが途切れ途切れという感じだ

怖い、本当に怖い

だけど就職は俺にとってゴールだった、そうゴール

不安とかそういうものが少なくなる、そんな気がしていた

だが違う、不安は常に一緒にいるものだった

種類が違うだけでそれは同じ

就職できるのか、から就職してうまくいくのかに変わっただけ

結局俺は死ぬまで不安でいるんだと思う

不安に耐える、それが人生なんだろうか

リアル

コロナってもしかして結構やばい?

有名人とかも普通にかかりはじめてなんかぶるってきた

こんなことになるとは、本当に何があるかわからんな

死にたがりの俺だがなぜだかそこには病気で死ぬという選択肢はない

まず苦しいのは嫌だ、しかも長く続くかもしれない地獄

あとはやっぱり自分で死ぬということを美化しているのかもしれない

自分で何かを選択して生きた感ゼロの俺は死という最後の選択を

した人達にどこか憧れのようなものを感じている、気がする

いじめやら過労で自殺っていうのは選択させられてると思うからまた別だ

ここまで書いたけど、漫画や映画の見すぎかも

フィクションの自殺は必ず意味があって綺麗だからな

実際は惨たらしいだろう、それはわかる

漆黒

漆黒のヴィランズ面白かったあ

俺は毎度ラスボスを急に現れた7人とでリンチするのに違和感があった

蒼天も紅蓮も、特に紅蓮は最初タイマンだったのにと歯痒い思いをした

だが漆黒はとてもいい流れで戦うことができた

ストーリーも良し、とても満足

就職前にクリアしてよかったと本当に思う

主人公にフォーカスされた物語、アルバートや水晶公とか

主人公にしか見えない、気付かない要素があるから感情移入しやすかったのかも

敵も良い、エメトセルクはもっとも人間味あふれるアシエンだろう

もしかしたらアシエンの中では若いほうなのかもな

目的も納得、最初の世界から見れば彼が英雄

どちらも悪役だし英雄だったってことか

20日

20日になるともうあと少しだって気がする

このままウイルスで一年間ぐらい就職のびねぇかな

内定取り消しのほうが可能性高そうか

しかしすごいことになったなぁ、引きこもりがメリットになる時代がくるとは

そしてそんな時期に社会に出る運のなさもすごい

しかし、大槻ケンジは言っていた、ネコかと思ってよくみりゃパン

見え方を変えればこの運も幸運になるかもしれない

俺が来年就職していたら就活中に事故で死んでたかもしれない

逆に今就職すればウイルスで死ぬかもしれない

ということはつまり・・・すべてのことには意味がある!

なんか違うか?こんなオカルト的なことじゃないような

ゲームをやめてこの静寂の中にいるとこんなことばかり考えてしまう

人間はなるべく考えたくない生き物だと何かで見た気がする

だからゲームするのかな、思考停止で作業するの割と好きだし

はっ!だから勉強を頭が受け付けないのか・・・